日本語教師の日記

忘れてしまいたいけど、忘れたら成長できないので恥を忍んで書く日記

【反省】JLPT N2 語彙の対策にて「調べちゃダメ!!」

JLPTの問題で出てくる

その作品は( )完成だ。

ここに並んでるケーキ( )種類食べたい。

宿題を( )写しした。

といった類の問題。

これは、もう知っているか知らないかの問題。

 

なので、間違えが多かった場合

他の選択肢も合わせて、語彙を広げよう運動をすることにしています。

未◯◯、全◯◯、丸◯◯ 

他にどんな言葉がある??って感じでグループで考えてもらいます。

 

たくさん考えてくださいね!と盛り上げます。

グループ対抗になるように盛り上げます。

これが失敗でした。

 

オンラインの場合、ブレイクアウトルームにして3人位のチームにして

考えてもらうわけですが、3人で記憶を絞り出していると期待したのが間違い

みんなすぐさまスマホで検索です。

検索しちゃったチームと、絞り出したチームはっきり分かります。

 

例えば「満◯◯」を考えます。

満タン、満腹、満足、満月 

くらいまではスラスラ出てくるとして

満悦、満期、満作

とかも出てくるのは確実に怪しい。調べている確率が高いです。

「意味は?」と聞いてもモジモジと辞書を読み上げる感じです。

 

記憶は絞り出した時に、定着するものです。

いわゆる短期記憶から長期記憶にしていく作業。

だからグループで協力してやるのに

みんなでググってどないすんねん!

 

次回からは「調べてはいけません、頭の中から探してください」

と言ってから始めようと思います。