日本語教師の日記

忘れてしまいたいけど、忘れたら成長できないので恥を忍んで書く日記

【わたしに足りないもの】まったく同じことを書きます。多分2度目です

以前にも反省したのに、また反省です。

先日の「以来」の悩み相談に続きがあります。

 

「誤用が出たらラッキーと思います」と言われました。

そうだった!!

誤用が出たら、落ち込んでいる場合じゃなくて

それを修正して繰り返し説明ができるチャンスなんです。

これ、前にも書いたはずなのに・・・

 

もう、こんな基本的なことを忘れていた自分に

本当にびっくり。絶望すら感じます・・・涙

絶望感が膨らみすぎてどこから反省すればいいのかわからなくなるぐらいです。

 

__ 一回で理解、運用できたら先生なんていらない __

丁寧に説明する、わかりやすく説明するが教師の仕事の8割ぐらいだと

思っていたようです。

もちろん、わかりやすい説明も大事ですが

学生と同じ時間を共有して授業している価値はそこにはありません。

 

間違えたら、先生が直してくれる。

また間違えても先生が直してくれる。

そして、何度目かにできるようになる。

 

ここに教師の価値があるんだ。

YouTubeとの違いはそこにあるんだ。

 

__ まちがえてもいいんだよ __

そして、何度でも自分に言い聞かせます。

「まちがえてもいいんだよオーラを出す」

オーラなんてふんわりしたものじゃなくて、実際の言葉でそれを出す。

「え?何と言いましたか?」「え?もう一回言ってください」

「接続は?」「??(相手の言ったことを繰り返す)」

訂正の方法はいろいろあります。

これらを使い分けているという意識をしっかり持たなければと思います。

 

__ 次回に生かす! __

今回の授業でスベッたと思うならそれを記録して

次回はどうするべきかを考えます。ここまでが授業準備のセット。

その場合、クラスの構成も大いに関係ありますからその辺りもメモ。

そして、次に同じ文型を教えることになった時

めちゃくちゃいい授業をできたらサイコーなんです。

 

授業おわって、フーーーーーーーってなっている場合ではありません。

必ず振り返っていこう。

 

地道な作業です。

これを地道に繰り返せるかどうかが成長に繋がっていると

信じてがんばろうと思います。

 

 

 

【わたしに足りないもの】クラスを一律に見ていた自分

文法の授業で、「〜以来」を扱いました。

これは導入がやりやすいのでみんなで

ノリノリでやるわけです。

接続の確認、意味の確認の後

私は使えないパターンの説明を入れました。

 

結構丁寧に。

そして、使えないなら何を使って表現する?

代わりにいれるものは初級の文法になるので初級文法の復習にもなります。

そしてあれこれ練習をして最後の最後に確認の意味で◯✖︎クイズ大会をやります。

 

__ げげげ、間違える人多数! __

◯✖︎ですから多くの人が正解して気持ちよく終わらせて活動へ・・・

の流れを作りたかったのに、結構間違える人が多くいました。

 

え?私のあの説明意味なかった?

例文作りをしていて、間違えた時に指摘する方法がよかった?

もしかして大失敗?

 

__ 失敗をオープンにする __

一人で悶々としてもしょうがないので引き継ぎの時に、この流れを報告。

ちょっと悩んでますと伝えました。

恥を忍んで書く引き継ぎです。

 

__ クラスの学力差を意識する、いや利用する __

先輩は答えてくれました。

クラスの学力差が大きいので、なるべく丁寧に説明して

間違いが出たら、できる人に説明してもらうようにしています。と。

先輩は謙虚な方なので、このやり方でやってますが

どうなんでしょう?と投げかけてくれました。

 

私は、雷に撃たれたくらいの衝撃を受けました。

 

そうか!私はなぜか「できる人に頼りすぎてはいけない」という

謎の自分縛りがあることに気がついたんです。

学力差を嘆くのではなく、逆にそれを利用していけばいいのか。

 

なんでこんな簡単なことに気がつかず全員が同じようにできることを

目指していたのだろう・・・

上の子に引っ張らせる

底上げをする

クラスをレベルアップさせるための視点は色々ある。

 

これはしっかりと勉強しないといけないと今更ながら気がつきました。

こういう話は日本語教師だけではなくて、「教師」という仕事をしている人なら

共有できる話題なのかも。今度聞いてみよっと。

 

 

 

 

 

【留学生の生活】勉強するのは教室だけじゃない!

宿題のミニ作文でこんなお題を出しました。

「最近見た(聞いた)日本語でよくわからないもの」

 

N2レベルのクラスですからいろんなことがわかってきているので

生活していて「あれ?分からないぞ」というものが際立つんですよね。

私も、中国生活でそうでした。

中国語を一生懸命勉強して、なんとかある程度わかるようになった時、

みょーーーーにひっかかるこの単語なに?

みたいなもの。

みんながよく言ってるあの響きはなに??みたいな。

 

__ 「宿題やらなくちゃ」が日常生活に作用する __

この作文のお題は、作文のお題にしてお題にとどまりません。

普段の生活でわからない言葉ってあったかなと

常に意識するようになるんです。

 

あの面倒くさい宿題を書くためになんかあったかな

と意識して生活するわけですよ。

私の中で授業以外の時間でもどれだけ影響を及ぼせるかが

力の見せ所と思っているのでこんなお題をだしてみました。

 

__ 読んでみたら面白かった! __

みんな結構色々書いてくれました。

その幅広さと、難しさに驚いたけど

私が1番感動したのは、みんな「先輩に聞いてみたら」

「意味を聞いてみたら」「帰って調べてみたら」

と、全て解決済みなんです。

その経験、私にとってみたらめちゃくちゃ

興味深い出来事なんです。

 

そして聞いてもわからなかった部分を

「先生これはどちらの意味ですか?」

「意味を聞いたけどわからなくなりました」

なんて形で質問をしてくれます。

 

__ これはめちゃくちゃ宝物だ ___

そんな質問やら体験に、ひとつひとつ丁寧に返しながら

「ああ、日本語教師っていいなあ」と思うわけです。

若い子が異国で頑張っているのを 言葉の面からサポート

自信を持って前に進むお手伝いをするわけです。

おばさん冥利に尽きる仕事です。

どんな仕事だ?

 

とかく、おせっかいでお世話好きな方

日本語教師って本当に素敵ですよ。

 

 

 

 

 

 

【ちょっと考えたこと】新人時代に作った教材はゴミ

養成講座を受けている時に作った数々の

絵カードやらフラッシュカード

「うふふ、今作っておけばこの先も使えるぞ」と思っていたら誰かに言われました。

「新人時代に作った資料は全部ゴミ。1年間ゴミを製造し続けることになる。」

 

__ ゴミを整理していた私 __

なんとまあ、失礼な。

でも、新人時代、頭をひねりまくって作った教案たち。

(すぐにオンラインになったので教材はそんなにありません)

主にパワーポイントになるわけですが、それらは授業用に

印刷してそれを保管してありました。

文型分析のノートと、教案、パワーポイント

きちんとセットで順番にファイルしてありました。

だって、もう一度同じことを教える時に役に立つし

何より、さぼれるじゃないですか!

これが時間を生み出す仕事術よ。ってな感じで。

 

__ そして気づく3年目の私 __

2年生を教えるのも2回目ですから、

「この文型教えるの2回目だわ、ラッキー」ということがおこります。

そして今朝、そのパワーポイントを開いてびっくり!

 

しっぬほど、わかりにくい!!

汚い言葉を使うなら

「クッソわかりにくい!」

なんじゃこのゴミみたいなパワーポイントは!!

 

こんな授業してたんですか?私は!!

ごめんなさい、あの時の学生たち。本当にごめんなさい。

 

「あやまっても、彼らはいない、日本語教師

本当にごめんなさい。

 

 

__ でも、これの積み重ねです __

こう言う時、自分ってなんてダメな人間なんだって思うわけです。

もう、人に教えるとか無理なんじゃないかって。

 

でも、このクソ教案を見て何がいけないのか言語化できる自分もいます。

導入がまったく興味をそそらない。

意味の確認がかえってわかりにくい謎の文章。

代入練習がワンパーターンで退屈

結局、この文型どうやって使うの?いつ使うの?それがまったく分からない。

 

それだけでも、少しは成長しているんじゃないでしょうか

いや、成長していますよ。

少しはマシになってますよ。

だから、もっともっとマシになるために今もこうやって

頑張ってるんですよ。

 

日本語教師は自分の未熟さに自分でビックリする刺激の多い

職業です。

心臓の悪い方はご注意ください。

【ちょっと考えたこと】私がモノマネされるとしたら

水曜日のダウンタウンで神回と呼ばれている

「先生のモノマネ、プロがやったら死ぬほどこどもにウケる説」

なんていうのがありましたが

今も昔も先生のモノマネは鉄板の面白さがあって

私もこの回はゲラゲラ笑って、謎に感動したものです。

 

で、す、が・・・

「明日は我が身」どころか、現在進行形でモノマネされる立場にあるのが

今の私です。

実際、オンライン授業を聞いている家族が私が出席を取る時の

モノマネをしています。

まあ、これはただ単に名前を覚えていて言いたいだけなんだけど。

 

もしも学生が私のモノマネをしているとしたらきっとこんなことを

言ってるんじゃないかなと思いを馳せながらこんなことを考えてみました。

 

__ 私がよく言う言葉ベスト3 __

この3つを使えば私のモノマネがうまくいくんじゃないかってことで。

私がよく言う言葉ベスト3を発表します!

誰の得にもならないけど。

 

まず、3位!

「◯◯って何ですか」

これは言い方に特徴があります。何ですか?じゃなくて

スタッカートで「な、ん、で、す、か↘︎」こんな感じです。

意味は?どう言う意味?どんな意味?

と同義です。これはもう、日本語を教える上でしょうがない。

 

2位

「はい、次!」

これ、フラッシュカードの時に言ってしまいます。

無駄な情報なので、言わないように気をつけているのですが

気合を入れるのか、合いの手なのか「次!!」ってよく言ってます。

 

1位

「どうぞ」

これも言い方に特徴があります。

例文を読んだ後、「どーぞっ」 テンポよく「どーぞっ!」って感じです。

これを言われたら、学生は何か言うしかないくらいの圧を伴って

発言されています。

 

__ 有益な口ぐせ __

ああ、どうせモノマネされるくらい学生の耳にこびりつくなら

有益な口癖を繰り出したいですよね。

そう考えるともう一つありました。

「ありがとうございます」

なんかよくわからんけど、発言してもらったら「ありがとうございます」

間違えてもがんばって発言したから「ありがとうございます」

すみませんより、ありがとうございます。

これは学生が マネしてもいいですな。

 

他には何があるかな

・おそれいります

・はい(これはいろんなパターンがありますね)

・すみません、もう一度・・・(言ってくださいの意)

 

学生がモノマネがてら、日常で使えるものをバンバン繰り出していきたいと思います。

 

 

 

 

【オンライン授業】笑顔とうなづきってめちゃくちゃ大事

コロナウイルス感染者がググッと増えましたね・・

そんなわけで、教室での対面授業からオンライン授業に逆戻り。

通勤がないのは楽だけどやっぱり、私が大好きな職員室に

行けないのは寂しい限りです。

 

__ 同じオンライン授業でも違いがあります __

今回のオンライン授業、前回と違うところは

「会ったことのある学生を相手にオンライン授業をしている」

ということです。

これはかなり違いますよ。会ったことがある、全身を見たことがある

どんなカバンを持っているのか知っている

授業中にヨーグルトドリンクを好んで飲んでいることを知っている・・笑

色々知っている相手ですから今までとは感覚が全然違います。

 

__ でもやっぱりオンライン授業は遠い __

今までより心の距離は近くなったと感じていても

所詮はオンライン授業、やはり距離感あります。

いや、それよりオンライン授業を真面目にちゃんとやると考える方が

無理があるのかもしれません。

画面に姿が見えなくなり、呼んでも返事まで時間がかかり、しまいには

呼んでも応えなくなる・・・・悲しい。

 

__ 私ががんばれる心の支えは・・ __

そんな状況でオンライン授業をやるわけです。

そんな私の心の支えになるのが、学生の笑顔です。

笑顔じゃなくてもいい、聞いてくれているという顔だけで十分なんです。

うなずいてくれたりしたら、もう、好きになっちゃうくらいです。

 

__ この子達は前からうなづいてたかな? __

ちょっと思ったんですが、この子達、最初からこんな風にうなずいてたかな?

最初は微動だにせず、ジーーっと話を聞いていたような気がするんです。

みんなすごく自然に、日本人のようにうなづいているから見過ごすところだったけど

これって実はすごいことなんじゃないかと思えてきたんです。

 

年末の会話テストで教わった?冬休みにたくさんアルバイトして身についた?

確実に言えることは、日本で暮らしているからこそできるようになったことの

一つだと思います。

 

__ この気持ちを伝えずに授業を終える __

みんながうんうん話を聞いてくれてすごく嬉しかった。

きっと、周りの日本人もそう思ってるよ。

それを伝えることなく授業を終えてしまいました。

だって、このブログを書きながら気がついたんだもん・・・

 

来週みんなに会ったら話してみたいと思います。

そして、今度新しいクラスを受け持つようになったら

最初の授業の様子を動画に収めておこうと思いました。

 

 

 

【オンライン授業】グループワークを盛り上げたい

日本にいる学生と、日本に渡航できず国内待機組が混在する

クラスでのオンライン授業の空気が重すぎる・・・

 

__ どうしてそんなに受け身なの?? __

日本にいる学生はだいぶ慣れたけど自由に遊びにいける雰囲気じゃないですし

それが入国当初から続いているので

どこにも出かけない、新しい出会いがない、やる気がないの

3段活用・・・・

 

それにも増してかわいそうなのが、なかなか日本に来られない待機組の学生

航空券まで用意していたのに年末、突然の入国禁止で

待機が続いてしまった学生もいます。

 

__ もう、楽しい授業にしようじゃないか __

空気が重すぎるので JLPTの教科書をやめて

ニュースを聞いて、みんなで話し合うという内容にしました。

 

今回は成人式、成人年齢引き下げとからめて

「いつから大人?」「どんな人が大人?」を

グループで自由に話し合ってもらいます。

 

正解を求めているわけじゃなくて、みんなで話し合って

日本語で発表することが目標ですから

自由におしゃべりの延長でやってもらえればと思ったのですが・・・

 

__ まったく盛り上がっていない若者たち __

ブレイクアウトルームを回るとまず、半分がマイクオフ

どういうこと?

全員母語が一緒だから、母語でもいいのに

話しているのは4人中2人みたいな状況・・・

 

一番消極的な人をまとめ係に任命して

みんなで意見を出し合うように指示しても

ボソボソちょっと話しておしまい。

で、いざ発表になるとそこそこちゃんと話す。

 

__ そもそも、協力してっていうことに慣れていないのか? __

日本人の感覚として、グループとして活動することになったら

どうにかその場を有意義にしようと、誰かが話しだしたり

リーダーシップを取る人が現れたり自然とグループで頑張ろう

みたいなところがあります。

就職の試験でもそんなところを見ていると聞いたことがあります。

 

でも、それは日本人だけなのかもしれません。

私の勝手な思い込みなのかもしれません。

 

__ 改善点 __

だから次からはこうしたいと思います。

まず、人数は3人。

4人になってしまうなら2人と2人

 

グループを作ったらそのグループのアイスブレイクになる

活動をまずはいれる。時間は短く。

 

そして、最初は簡単な課題をする。

答えがあるものを、グループで考える。

 

そして最後に正解がない課題を出して

グループで考える、知恵を出し合うという

共同作業にする。

 

 

よし、あの人たちを盛り上げるよ!

がんばるぞ